精密審美歯科センターの目的・症状で治療法を探すについて

目的・症状で治療法を探す / search

 

前歯の色が気になる すきっ歯を治したい
歯茎の黒ずみ・変色が気になる 歯並び・歯の形が気になる
歯茎が下がってきた  

前歯の色が気になる

前歯の色が気になる

歯が変色してしまう原因は、下記によるものです。

 

①飲食物による場合

②薬(テトラサイクリン)による場合

③歯の外傷・神経をとった場合

④遺伝的な場合

⑤加齢による場合

 

歯が変色する原因は、上記のようにいくつかあります。

原因によって治療法が異なりますので、気になる項目をご覧下さい。

 

①飲食物による場合

 例)タバコ、コーヒー、お茶、ワインなど

画像1

治療法

・ホワイトニング(詳しくはホワイトニングへ)

・PMTC

※PMTCとは、プロによる専門機器を使った歯のクリーニングのことです。

 

 

②薬(テトラサイクリン)による場合

画像1

治療法

・審美歯科治療(詳しくは精密審美歯科へ)

・ホワイトニング(詳しくはホワイトニングへ)

③歯の外傷・神経をとった場合

画像1

治療法

・審美歯科治療(詳しくは精密審美歯科へ)

・ウォーキングブリーチ(詳しくはホワイトニングへ)

 

神経をとって変色した歯

※ウォーキングブリーチとは、歯の神経(歯髄)を取った後、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を白くする方法です。神経が死んでしまった歯に対しては通常のホワイトニングではあまり効果がないのですが、このウォーキングブリーチを行えば確実に歯を白くすることが出来ます。

 

④遺伝的な場合 (エナメル質形成不全、象牙質形成不全、先天性ポルフィリン症)

画像1

治療法

・審美歯科治療(詳しくは精密審美歯科へ)

⑤加齢による場合

画像5

治療法

・審美歯科治療(詳しくは精密審美歯科へ)

・ホワイトニング(詳しくはホワイトニングへ)

 

※年齢とともにエナメル質が薄くなり透過性が高くなります。そうするとエナメル質の下にある象牙質の色が目立ってきますし、象牙質自体も加齢とともに色が濃くなっていきます。象牙質はもともと「黄色」に近い色をしているので、歯が黄色く見えてしまうことになります。

エナメル質 象牙質

 

治療例:前歯の変色を改善したケース

治療例前歯の変色を改善したケース

治療前 治療後3

■担当医からのコメント

精密審美歯科センター 理事長 河野裕二

精密審美歯科センター

理事長 河野裕二

ラミネートベニアは、前歯の変色だけではなく、歯並びや歯の形まで、短期間で同時に綺麗にすることができます。そのため、患者様の希望により、ラミネートベニア治療を行いました。また、歯肉のラインを整えるため、歯茎の整形を行い、自然な形に仕上げました。

 

 

すきっ歯を治したい

すきっ歯を治したい

すきっ歯の治療法としては、「矯正歯科治療」と「審美歯科」があります。

 

矯正歯科治療では、生体原理を利用し歯を動かすのですが、「時間」と「費用」がかかるのが難点です。しかし審美歯科では、その「時間」と「費用」が矯正歯科治療と比べて圧倒的に少なくなります。ただし、審美歯科では、矯正歯科治療にはない「歯を削る」工程がありますので、どちらの治療の方が良いとは一概に言えません。

まずはお気軽にご相談ください。

 

治療例:すきっ歯を改善したケース

治療例すきっ歯を改善したケース

治療前 治療後4

■担当医からのコメント

横浜桜木町歯科  院長 大元洋佑

横浜桜木町歯科

院長 大元洋佑

すきっ歯が悩みで来院されました。友人と会話をしてても、歯の隙間が気になり、いつも手を当てて話しているとのこと。この患者様は、ラミネートべニア治療により前歯の隙間を無くしました。治療後は、ご自身のお顔を鏡でご覧になられ、非常に喜ばれていました。

 

歯茎の黒ずみ・変色が気になる

歯茎の黒ずみ・変色が気になる

ここ数年間で、口元を綺麗にする治療をされる方が増えてきました。しかしながら、にこっと笑った時に垣間見える歯茎が変色していたら、どうでしょうか。健康的なピンク色をした歯茎だからこそ、素敵な笑顔がさらに映えるのです。

 

ここでは、歯茎が黒ずんだり、変色する原因と治療法をご説明いたします。

歯茎の黒ずみ・変色の原因は、主に以下の二つです。

 

①喫煙などによるメラニン色素の沈着  ②保険適用のかぶせものに用いる金属イオンの流出

 

歯が変色する原因は、上記のようにいくつかあります。

原因によって治療法が異なりますので、気になる項目をご覧下さい。

 

①喫煙などによるメラニン色素の沈着

画像12

 

治療法

・レーザー治療

・ガムピーリング(歯茎のホワイトニング)

 

②保険適用のかぶせものに用いる金属イオンの流出

画像13

 

治療法

・審美歯科治療(詳しくは精密審美歯科へ)

 

保険適用の「銀歯」は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。この流出した金属イオンが歯茎に沈着することによって、「ブラックライン」とよばれる、歯と歯茎の境目にできる黒い線が生じることで、歯茎が変色してしまいます。

 

治療例:歯茎の黒ずみ・変色を改善したケース

治療例歯茎の黒ずみ・変色を改善したケース

治療前 治療後5

■担当医からのコメント

銀座しらゆり歯科 院長 林佳士登

銀座しらゆり歯科

院長 林佳士登

歯茎の変色を気にされ、当院へ来院されました。他院で入れた「銀歯」が原因で歯茎が変色していました。そのため、金属を一切使用しないセラミッククラウンに変えたことで改善しました。歯茎の変色がなくなったことに、患者様から感謝のお言葉をいただけました。

 

歯並び・歯の形が気になる

歯並び・歯の形が気になる

実は、審美歯科でも歯並び・歯の形を整えることができます。

 

「歯並び」に関しては、矯正歯科治療で行うような歯の大きな移動は難しいですが、

プチ矯正」と呼ばれる程度のものであれば矯正歯科治療と比べ、低コスト・短期間で可能となります。また、「歯の形」も自在に形作ることが可能となります。

 

これらの治療はセラミッククラウン法ラミネートべニア法により治療を行う事になります。

 

歯並び・歯の形を改善したケース

治療例歯並び・歯の形を改善したケース

治療前 治療後3

■担当医からのコメント

精密審美歯科センター 理事長 河野裕二

精密審美歯科センター

理事長 河野裕二

前歯の形を気にされており、当院へ来院されました。歯の形を綺麗に整える最適な治療法は、ラミネートべニア治療です。セラミック治療だと大きく削る必要がありますが、削る量が少しで済むラミネートべニア治療をこの患者様は希望されました。自然な仕上がりに喜んでいただけました。

 

歯茎が下がってきた

歯茎が下がってきた

加齢に伴い、歯周病が進行することで歯茎は下がってしまいます。歯茎が下がり、歯の根元が露出することで知覚過敏になりやすくなったり、虫歯や歯周病の進行が加速することにつながります。

 

当院が行う「歯茎の再生治療」では、下がった歯茎を元通りにでき、これまで非常に多くの患者様の治療を行ってきました。当院の歯科医師は、歯茎の再生治療のトレーニングを専門的に受けておりますので、お気軽にご相談ください。

歯茎の再生治療については、こちらのページをご覧ください。

 

治療例:下がった歯茎を改善したケース

治療例下がった歯茎を改善したケース

治療前 治療後4

■担当医からのコメント

銀座しらゆり歯科 院長 林佳士登

銀座しらゆり歯科

院長 林佳士登

歯の根元が見えるようになったことを気にされ、当院へ来院されました。歯茎の再生治療では、治療箇所以外から歯肉を移植することで、歯茎を綺麗な状態に戻します。希望があれば「静脈内鎮静法」とよばれる全身麻酔を行いますので、痛みも不安もなく治療を受けられます。