自費診療と保険診療の違いについて

保険診療と自費診療の違い / differences in medical

自費診療は「お金持ち」だけがするもの?!

自費診療は「お金持ち」だけがするもの?!

"自費治療"という言葉を聞くと、どのような印象を持たれますか?

「一部のお金持ちがするもの」、「贅沢品」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

日本の健康保険制度は諸外国に比べて、大変優れていると言われていますので、

あなたがそのように感じるのも無理はありません。

 

しかしながら、歯科治療の場合は内科や外科と異なり、その範囲は非常に限られています。

たとえば、下の図を見てください。

 

画像1

 

「自費診療」と記載してある、大きく囲まれた部分が歯科で用いることのできる材料や治療法だとすると、保険が適用される範囲は小さな枠に囲まれた、ごく一部の範囲であることがわかります。

 

それでは、自費診療と保険診療ではどのような違いがあるのでしょうか。

 

自費診療の詰め物・かぶせものにすれば、永遠の美しさが手に入る?!

自費診療の詰め物・かぶせものにすれば、永遠の美しさが手に入る?!

下の画像は、保険診療と自費診療それぞれで入れたかぶせものが、5年経過時にどのような色の変化が起きたかを表現した画像になります。

それでは下記の写真をご覧ください。

 

【保険診療と自費診療で使用する素材における経年劣化の比較】

保険診療(レジン):5年経過後  自費診療(セラミック):5年経過後

 

保険診療では、レジンとよばれるプラスチックのかぶせものが用いられています。

プラスチックはその性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、時間が経つと変色していき、見た目が悪くなっていきます。

 

それに対して自費診療では、セミラック(陶器)という素材を用いますので、時間の経過とともに変色することは性質上ありません。

 

上記の写真をご覧になり、どのようなご感想を抱かれましたでしょうか。

保険が適用されるレジンは、5年経過時点でかなり黄ばんでいるのに対して、自費診療のセラミックは黄ばむことなく、周りの歯と同じ白さを保っています。

 

また、患者様にとって分かりづらい部分で、是非とも歯科医師として主張しておきたいのは、審美歯科治療は見た目の美しさだけではなく、「虫歯再発リスクの低下」、「体への優しさ」にもつながるという事実です。

これについては、これからご説明していきましょう。

 

審美歯科治療が虫歯再発リスクを低下させる!!

審美歯科治療が虫歯再発リスクを低下させる!!

虫歯治療により削られた歯は、詰め物・かぶせものを入れる必要があるため、材料や治療方法によっては、詰め物・かぶせものと歯の境目に隙間ができることがあります。

 

この隙間は人間の目から見ると気になるほどの大きさではありませんが、お口のなかにたくさんいる虫歯菌が侵入するには十分すぎる大きさです。この隙間から虫歯菌が侵入することで、虫歯の再発リスクを高めることになります。

 

こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、詰め物・かぶせものの隙間をぴったりと埋めようとしますが、保険診療で使用できる材料ではこうしたことに限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。

 

それに対して自費診療の材料を用いることで、詰め物・かぶせものと歯の間をぴったり埋めることが可能となります。

保険診療と自費診療の違いを顕著に示したものが下の画像になります。

 

左が保険適用される銀の詰め物で、右が保険適用外の金の詰め物です。

 

【保険診療(メタルインレー)と、自費診療(ゴールドインレー)の違い】

保険診療(メタルインレー)  自費診療(ゴールドインレー)

 

写真を見ても少し分かりにくいかもしれません。

緑色の線で囲んだ箇所が、詰め物と歯の間に隙間ができる箇所です。

 

左図を見ていただくと白色のものがありますが、これは「セメント」とよばれる歯科用接着剤です。保険が適用される材料で詰め物(メタルインレー)を作ると、ぴったりはまるものを作ることができず隙間ができてしまいます。

その隙間を埋めるためにこの歯科用セメントを使用するのですが、いくらセメントで隙間を埋めたとしても、収縮する性質を持つセメントは、時間が経てば縮んでいき隙間ができてしまいます。

 

それでは、右図の自費診療でつくった詰め物(ゴールドインレー)はいかがでしょうか。

見事に歯とフィットしていて、隙間がありません。

隙間がないということは、虫歯菌が侵入することは限りなく少なく、虫歯の再発リスクも限りなく小さいということです。

 

自費診療は、身体への優しさを考えた最良の選択

自費診療は、身体への優しさを考えた最良の選択

保険適用範囲内で認められている、いわゆる「銀歯」は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。

 

金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーによる発疹(ほっしん)が起きることがあります。

 

ブラックライン

ブラックライン

また、金属イオンが歯茎に沈着することによって、歯と歯茎の境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つです。

 

近年では身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)を全額自己負担であっても希望される方が非常に増えています。

 

 

保険診療だと、じっくり丁寧な治療ができない?!

保険診療だと、じっくり丁寧な治療ができない?!

このタイトルに驚かれる方が多いことと思います。

 

「保険診療と自費診療の違いは何だと思いますか?」と患者様にお伺いすると、「材料が良い」と答えられる方、はたまた「最先端の治療が受けられる」と考えられる方が多いようですが、最大の違いは、タイトルにもある「治療の丁寧さ」にあります。

 

保険診療は、公的機関によってあらかじめ治療費が決められていて、どうしたら医院を存続できるのか疑問が沸くほど低価格な治療費になっています。東南アジアの治療費より、日本の治療費が安いものもあるから驚きます。

 

画像7

そのような背景があるため、どうしても限られた時間・費用の中での治療になってしまい、「●●という治療には1,000円」と決まっている場合には、じっくりと1時間以上かけて丁寧に治療をすることができません。

本心では、「治療費を安く抑えて丁寧な治療をしたい」と思っていますが、そのような診療スタイルを続ける限り、医院が赤字倒産してしまい、困っている患者様の手助けをすることができません。

 

一方で、自費診療では患者様から多くの治療費を頂いているので、十分な時間と材料を使って、再治療の必要性がほとんどなく、歯を長持ちさせられる最先端の歯科治療が行えるのです。

 

 

当院の診療スタイル

当院の診療スタイル

以上、保険診療と自費診療の違いについてご説明してきました。

ここからは、当院がどちらの診療スタイルなのかをご紹介します。

 

画像8

 

当院は、自費診療にウェイトを置いた診療スタイルを取っています。

なぜなら、「再治療の必要がない、患者様の数年後、数十年後を考えた最善の治療をしたい」という理念が当院には根付いており、それを実現するためには自費診療でなければ難しいからです。

 

某美容歯科が手抜き治療したことにより治療は失敗し、顔がぱんぱんに腫れあがった患者様を何度となく私達は目にしてきました。そのような患者様のやり直し治療をする度に、目の前の患者様の生涯にわたる健康を考えた治療をしなければならないことを痛感します。

 

当院が自費診療を行うのは、お金儲けという短絡的な考えではありません。

患者様の人生を背負うからこそ、自費診療という道を選択しています。

 

もし、あなたがこの考えに共感していただけるのであれば、是非、歯と健康を守る仕事を私達にさせて下さい。あなたの人生に責任を持った最善の治療をいたします。